荷物が少ない場合の引越し方法について

通学や通勤のための引越しもあれば自立をするために必要な引越しもあります。目的も人それぞれですが荷物の量も人それぞれです。荷物が多い場合には業者に頼んで荷物を運んでもらう方が良いですが荷物があまり無いという場合には業者の方に依頼をせずに安く済ませることも可能です。

今回はそんな荷物が少ない場合におすすめの引越し方法についてご紹介致します。


○自分で行う引越しのメリットとは○

今住んでいる家から新居への移動について業者の方に依頼をすると見積もりを提示されます。見積もりを作るために必要な内容は以下の通りです。

【見積もりするための情報一覧】
・現住所と新居の住所
・現在の間取りと引越し先の間取り
・引っ越しを行う家族の人数
・実際に引っ越しを行う予定の日と時間帯

基本的には最初に見積もりを取る際に必要な情報は以上となります。現住所と新居の住所は実際にどのくらい荷物を移動するのかその距離を知るために必要です。そして間取りは引っ越しの手際とかかる時間を測るもので家族構成についてはどのくらい荷物があるか想定するために必要となります。予定の日と時間帯は実際にその業者がその日程で動くことが可能なのか・その時間で開始したら終わる時間はどのくらいになるか見積もるために必要なものとなります。

実際に運ぶ荷物が少ない場合は自分が持っている車かレンタカーを利用して荷物を運ぶ必要がありますが、自分で日程を自由に設定出来るという点と作業者の人件費を支払う必要がないというメリットもあります。移動距離によってはレンタカーの方が安くなる可能性もあるのです。


○プロに頼むと対応する手間と時間が省ける○

自分の車がある場合で今の住まいと新居が近いという場合かつ家電の移動がないという場合には自分で引っ越し作業を行う方がお得になりますが、それはあくまでも荷物が少ないというのは学校の寮に入るため家電が備え付けで自分が持って行かなくて良いという場合や実家に戻るという場合です。洗濯機や冷蔵庫など取扱いが難しい家電製品を自分や友人たちで運ぶと運んだ先でトラブルが起きる可能性があるので、大型の家電を移動させる場合にはやはり引越し会社に依頼をすることが一番安心でおすすめの方法です。電気屋さんを呼ばなくても配線をきちんと処理してくれるという引っ越し会社もあるので、色々な会社に依頼をすることで日程を調整することが難しい場合には一日で全てを完了させることが可能な会社を選ぶようにしましょう。