鳥や魚の引越し

引越しを行うとき、人間はもちろん、ペットがいればペットも一緒に引っ越すこととなります。熱帯魚などは温度の変化にも非常に敏感な種類もいます。一緒に引越しを考える場合はどのようなことに気を付けたらいいのか、ご存じですか?


○小さな鳥はケージで一緒に運べる○

引っ越し業者は多くの場合、ペットの運搬を請け負っていません。移動の途中で死んでしまうなどのトラブルにつながりやすいからです。新幹線などではキャリーに入れることと、一緒に移動するための運賃を支払えば、飼い主と同乗させることができます。猛禽類などは除外されますが、インコや文鳥なども小鳥であれば、目隠しをして一緒に移動するのが最も安心だと考えられています。音や人の気配に敏感になってしまうのは動物も一緒です。布などをかけて目隠しをすることで視界のストレスを軽減してあげましょう。


○熱帯魚などは酸素をいれてパッキング○

酸素をいれて、その場でパッキングを行うことに慣れていない場合は、あらかじめ専門の業者に熱帯魚の引越しがあることを伝えて、プロに任せることがすすめられています。当日のバタバタしている中だと、すくう際に魚を傷つけてしまうこともある、パッキングがスムーズにいかないと魚の生死にかかわるからです。温度変化に敏感な魚であれば、発泡スチロールなどにいれて、なるべく温度が変わらないようにしてあげましょう。

単身引越しを激安で済ませたい方へ

年末の忙しい時期に引っ越そうと考えている方は少ないはずですが、実は冬時期は年間を通してみると「引越しオフシーズン」です。オフシーズンの引越は、料金を抑えられるだけではなく、スタッフサービスの質も上々である事が知られています。


○できるだけ費用を抑えたいとお考えなら○

もしも、できるだけ費用を抑えたいと考えるのであれば引越時期を早めてみるのもいいかもしれません。また、費用を抑えたいと考える中には自分も作業スタッフの頭数に入るプランを選ぶ方が多いようです。実は、そのようなプランを選んで引越しを行った事があります。本当は、友達とレンタカーを利用して引越しを行う予定だったのですが、予定が合わなくなった為に急遽そのようなプランに変更したのです。


○引越しのプロが一人いると違う○

荷物が少なかった私は、作業スタッフ兼ドライバーの方が一人ついてきてくれるというものです。引越し先の地元業者にお願いしました。料金が安かったのもありますが、道が入り組んだところが多いので土地勘のある業者の方が有利だと考えたからです。私の予想は的中して、もしも詳しい方でなければ車の停車位置にも困るような場所だったので助かりました。また、引越のプロが一人いるだけで、かなり効率よく作業を進められました。