ピアノや楽器の引越し

通常の引越しでも大きな家具や今までの荷物などの運びだしで大変なものとなる引越しですが、その中でもピアノなどの大きなサイズの楽器類が自宅にある場合、やはり移動させることは不安になるものですね。デリケートな楽器の引越しについてご紹介します。


自分で運べるものは自分で移動させる

ギターやベースなど、自分で運搬が可能なものであれば、引越し業者ではなくできる限りは自分での運搬を行いましょう。引越しでは多くの荷物をまとめて運搬します。そのため、荷物同士がぶつかってしまうなど可能性も考えられるからです。業者にお願いする場合はクッション材などで楽器を梱包し、そのあとにハードケースなどに入れ、なるべくショックが少ないようにしたうえで、壊れ物のラベルを貼りましょう。


大きな楽器は専門家に頼もう

ドラムセットやピアノなどはできる限り、専門の業者にお願いしましょう。現在では多くの業者がピアノ運搬など別料金でサービスを行っています。ピアノなどは特にデリケートなので、運搬が雑だと調律が狂ってしまうことも考えられます。またサイズなどでも必要になる人数は変わってくるので、契約前にその点も確認しましょう。電子キーボードなどであれば精密機械ですから、クッション材にくるんでケースにいれるなどの工夫が必要です。